安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

電車でフリーマントルへ 古い街並みが残されていました 【微笑みの国の記憶:タイ駐在備忘録】番外編

フリーマントルの駅

フリーマントルの駅

 

2011年のオーストラリア、パースへの旅行の続きです。

旅行へ出発する前は、大まかな予定だけ立てていて、後は現地についてから考えることにしていました。街の雰囲気は落ち着いていて綺麗で、観光客も穏やかに迎え入れてくれる感じで、安心して過ごせました。なので、早速、足を伸ばしてみることにしました。

パースの街の駅から電車で大体30分くらい。電車の窓から外の風景を眺めていると、あっという間に着いてしまった感じでした。電車の車内も清潔で、混み合ってもいなくて、とても快適な移動になりました。

上の写真はフリーマントルの駅のほぼ正面。石造りの歴史を感じさせる駅舎でした。街中もこの駅舎の雰囲気のまま。あまり背の高い建物はなく、空が広く見渡せました。駅の前からバスが利用できましたが、街自体が大きくないので、ほとんどを歩いて移動しました。

古い街並みを抜けて海まで。街中で見かけた建物や海の風景などはまた次回以降に紹介します。

 

www.travel.co.jp

 

番外編:電車でフリーマントル

古い街並みが残されていました

 

パースの駅で電車に乗って出発を待っていると、大学生か高校生くらいの若い人の集団が、お祭り風の衣装を着て乗り込んできていました。

みんなとても楽しそうでした。

なんのお祭りだったのかな?

 

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

 

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
  にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村