安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

駅舎 旅立つところ 帰り着くところ

こんにちは、暖淡堂です。

 

Takachiko!Takachiko!暖淡堂の方で、現代詩やエッセイを続けて公開しています。

 

dantandho21.blogspot.com

 

生まれ育ったところから遠く離れて暮らしています。

時々帰省しますが、すぐに今暮らしているところに戻ってきてしまいます。

 

普段の暮らしがあるから。仕事があるから。

それで、郷里を離れてしまっているのですね。

 

北海道出身者は、よく北海道に帰りたがると言われています。

それぞれの理由はあるのでしょうけど、僕は北海道の四季が好きだから。

 

夏はそれなりに暑く、彩りのある春と秋があります。

それに加えて、厳しい冬がある。

 

僕は、その冬も好きです。

春を待つという、生き方が好きなのだと思います。

 

帰省の滞在が終わって、駅からまた自宅に帰るための旅を始める時。

古くなった駅舎をしみじみと眺めることがあります。

 

いつ、また帰ってくるのだろうか。

その時、僕はどんな気持ちで帰ってきているのだろうか。

 

車窓から、離れつつある郷里の風景を見ながら、もう普段の生活のことを考え始めています。

 

dantandho21.blogspot.com

 

駅舎 旅立つところ 帰り着くところ

 

妻の両親はいずれも亡くなってしまいました。

帰省しても、そこに会うべき人がいない。

そんな状況になった郷里を胸に抱えて暮らしている妻を、今まで以上に大切にしなければと思っています。

 

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

 

 

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村