安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかに日々を送るための試みの記録

*本ブログにはスポンサーによる広告が表示されています

「み吉野の 山の秋風 さ夜更けて」 参議雅経 後鳥羽院に重用された、蹴鞠が上手な「新古今和歌集」の選者の一人

百人一首第94番目の歌の作者は参議雅経さんぎまさつね(藤原雅経)です。

後鳥羽上皇に重用され、藤原定家らとともに「新古今和歌集」の選者の一人でもありました。

 

今回は参議雅経について紹介します。

 

参議雅経とは

生年1170年、没年1221年。

官位は従三位、参議でした。

藤原雅経の父、藤原頼経源義経と親しい関係にあり、源義経が追われた後は藤原頼経、雅経親子は鎌倉に護送されることになりました。

しかし雅経は頼朝からその和歌や蹴鞠の才能を認められ、源実朝とも親交を結ぶなどしたため、次第に頼朝からも重んじられるようになりました。

 

この藤原雅経は、後鳥羽上皇からも重用されます。

院における歌壇で活躍し、また蹴鞠の実力も高く評価されました。

後鳥羽上皇からは「蹴鞠長者」の称号を与えられています。

このことから、藤原雅経は飛鳥井流蹴鞠の祖とされています。

 

時代背景

サッカー選手の信仰を集める京都白峯神宮は、もと飛鳥井家(藤原雅経を祖とする)の屋敷跡とのことです。

蹴鞠は「鞠を落とさない」とのことから、受験の神様としても信仰されるようになっているみたいですね。

 

shiraminejingu.or.jp

 

百人一首の歌

歌:み吉野の 山の秋風 さ夜更けて ふるさと寒く 衣打つなり

歌の意味:吉野の山に秋風が吹き、夜が更けると古都吉野は寒く、衣を打つ砧の音が聞こえてくる。

 

 

「み吉野の 山の秋風 さ夜更けて」 参議雅経

後鳥羽院に重用された、

蹴鞠が上手な「新古今和歌集」の選者の一人

 

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
  にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

暑い日にはこんな曲を聴いていたい 「光進丸」加山雄三

こんにちは、暖淡堂です。

暑い日が続いていますね。

日々、無理せず、どうぞご安全にお過ごしください。

湿度が高くて蒸し暑いのがとても耐えられません。

それでも、夕方雨が降ったりすると、その後はしばらくは過ごしやすく感じたりします。

タイの方が過ごしやすく感じるのは、暑くても毎日雨(だいたい大雨)が降っていたからかもしれません。

 

暑い日に思い出すのが加山雄三さんの「光進丸」。

この曲、昔から好きで、シングルレコードで持っていて何度も聴きました。

波音、イントロ、歌が始まってそれからサビまで、ずっと引き込まれていきます。

聴き終わった頃には、自分も船のうえにいるような気分になります。

 

歌われている場所は伊豆諸島の周辺ですね。

まだどの島にも行ったことはありませんが、行ってみたい場所であり続けています。

(妻が船に弱いので、飛行機で行けるところにしか行けないかもしれません)

 

今日も暑くなりそうです。

こんな曲を聴きながら、ゆっくりと自分の時間をお過ごしください。

 


www.youtube.com

 

 

*☺☺☺☺☺*

 

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho


にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

2010年9月中旬 シラチャの街も次第に涼しく感じるようになってきた【微笑みの国の記憶:タイ駐在備忘録】

シラチャスカパープ公園前のセブンイレブン

スカパープ公園前のセブンイレブン

 

2010年9月上旬。

タイの暑さの盛りは4月から5月。

ソンクラン祭り(水掛け祭り)が終わると、ゆっくりと気温が下がり始める。

9月は、午前中は晴れ、午後は雲が増えてきて、夕方から夜に大雨という日が続くようになっていた。

 

この頃、数日風邪気味だったようだ。

日記には「薄い水割りを飲んで寝る」などと可愛らしいことを書いている。

お酒を飲まず、娘とすごろくをしてから早めに寝ている夜もあった。

状況はわかってきていたが、タイの建物の中のエアコンは身体に負担だった。

冷気の吹き出し口を調整してもらった。

冷たい空気が直接身体に当たっていたのだ。

気を利かせて、僕の席を狙って涼しくしてくれていたのかもしれない。

が、さすがに寒くなり、調整して方向を変えてもらった。

それで冷風は当たらなくなったが、代わりに水滴が席の近くに落ちるようになった。

それもある意味、サービスだったか。

しばらくすると、その水滴が落ちる時を待つようになった。

まるで鹿おどしのようなものだ。

 

この頃、シラチャの学校で行われたレクレーションに参加している。

家族で参加して、玉入れをした。

一つ一つ玉を拾って投げ入れるよりも、両手でまとまった数の玉を掴んで、一気に放り上げる方が効率的だったようだ。

その戦法を採用したチームが、一番多く玉をカゴに入れることができていた。

そのやり方に気づいた人は、なかなか賢い。

僕は大笑いしながら、そのチーム(個人でもあったが)の独特な闘い方をみていた。

 

タイでは、お酒類が買える時間帯が決まっている。

お昼頃と夕方5時以降11時くらいまで。

休日になると、ビールの買い置きがなければ、僕はサンダル履きでペタペタと歩き、スカパープ公園の前にあるセブンイレブンに買いに行った。

本当に、何度も行ったと思う。

で、ビールを買った。

初めはハイネケンスーパードライを買っていた。

それがやがてシンハになり、チャーンになり、レオになっていった。

一通り飲んだ後は、だいたいチャーンのクラシックを買うようになった。

一番飲みやすかったと思う。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ほどほどの暮らしへ
にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村