定年後の暮しを準備する 安心感の研究 by 暖淡堂

計画的に、着実に、焦らず、楽しみながら、穏やかに。つまりは何でもあり。

【北海道も夏は暑い】旭山動物園 氷で遊ぶペンギン

旭山動物園氷を楽しむペンギン

 

子供が生まれてからは、北海道への帰省は夏に決めている。

冬は荷物が多くなるし、吹雪で航空便の遅延などが発生するからだ。

夏場の帰省は楽だ。半袖で行けるし、心配ならば羽織物を持って行けばいい。

 

2007年の夏。我が家の三人と妹、甥っ子で旭山動物園に遊びに行った。

その少し前位から旭山動物園は飼育の仕方、動物の見せ方などに工夫されていて話題になってた。

この時も、入園者はとても多く、トイレには長い行列が出来ていた。

 

ペンギンや白熊などには氷が与えられていた。

動物園にいる動物たちは、野生のものを連れてきている訳ではないので、生まれ故郷を思いだしているのではないだろう。

夏の暑さの中、ひんやりとした感覚を楽しんでいるのだ。

それを、暑さに耐えながら、僕たちは眺めていた。

 

今年は例年よりも早く、北海道では雪が積もっているようだ。

ところによっては大雪になっているらしい。

 

白熊やペンギンは、また巡ってきた白い世界に、なにを思うのだろうか。

 

旭山動物園 氷で遊ぶペンギン

 

 


 

 

工夫を凝らした園の運営で旭山動物園が注目されてもうずいぶん経っています。

今でも人気で来園者は多いみたいですね。

それでもコロナの影響は受けているのでしょうけど。

 

北海道を思うと、どうしても雪の中の光景がたくさん思いだされるのですが、もう長いこと冬には帰省していません。

 

定年後は、北海道に帰れるのかな?

 

またどうぞお立ち寄りください。

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
  にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

【我が家の書棚から】本づくりの理想 椎名誠 「海を見にいく」

自宅にある椎名誠さんの本の中では一番好きな本である。

写真と文章(エッセイ、短編小説)で構成されている。

 

写真を見ながら、思い出すことなどを文章にして、それぞれに添えている感じだ。

どの文章も、自分の経験を懐かしむような、記憶を大切にしているような、とても優しい言葉で語られている。

 

その文章を読むと、自分もいつの間にか過去の時間を振り返り、懐かしく、時に切なく、これまでに経験してきたことを思い出していたりする。

 

そして、家族や仲間と、もっと優しい時間を持つべきだと思っている。

 

この本を手にするのは、そんな風に過ごしたくなった時だ。

休日の、静かな午後に似合う本だ。

 

椎名誠海を見にいく

 

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

椎名誠 「海を見にいく」

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村

【北海道のこと砂川のこと】砂川のスイーツ ふるさと納税返礼品で入手できるのは? 

こんにちは、暖淡堂です。

我が故郷、北海道砂川すながわはスイーツに力を入れています。

 

もともとお菓子屋さんが国道12号線に面していくつかあって、商品が全国的に有名になったものもありました。

 

それで、市としてもアピールすることになったようです。

 

www.city.sunagawa.hokkaido.jp

 

で、いくつかあるお菓子屋さんのうち、ふるさと納税の返礼品で入手できるお店をご紹介します。

 

ふるさと納税の返礼品で入手できる砂川のスイーツ

 

岩瀬牧場

この店は、まだ自分で行ったことはありません。すみません。新しいお店のようです。

 


 

 

いよだ製菓

ここはよく知っています。子供の頃から食べていました。お土産などにも使っていたと思います。

 


 

 

ナカヤ

ここも砂川では老舗です。実家に一番近いのはここです。

 


 

 

北菓楼(ホリ)

ここは全国的に有名になりましたね。もとは小さなお菓子工場だったのですが。中学生の頃、海浜学級で浜益に行った時に、同級生が家族へのお土産を買いました。そのお菓子が砂川のホリ製菓で作られたものだったのを知ってがっかりしていました。余談ですね。

 


 

 

これらのほかに、おいしいお菓子を出す喫茶店なども多数出来ているようです。

砂川を通過される際は、是非国道沿いにあるお菓子屋さんを気にかけてください。

 

くれぐれも安全運転で。

 

砂川のスイーツ ふるさと納税返礼品で入手できるのは?

 

砂川で生まれてから高校生までの期間を小説にしてみました。

是非ご一読ください。

舞台は炭鉱で採掘された石炭と石狩川の水を利用した化学工場を中心に発展した小都市。
北海道入植者の系譜につらなる家庭に生まれた少年は、そこで、多感な少年時代を過ごし、成長した。
高度経済成長期に続く昭和40年代、50年代。
時代が大きく変わり続ける中、少年はやがて家を離れて一人きりで生きていくための心の準備を始める。

沙河 (暖淡堂書房)

沙河 (暖淡堂書房)

Amazon

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
  にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村