安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

「戦争反対」とは 他の国に武器を持って攻め込んで 武器を持たない人を殺すことに反対 ということ

「戦争反対」

 

僕なりに、それを言い換えると

 

「他の国に武器を持って攻め込んで 武器を持たない人を殺すことに反対」

 

となります。

 

他の国に攻め込んで、たとえ勝ったとしても、それで得られるものってなんでしょうか。

 

よその土地に入り込んで、そこにいる人を殴りつけておいて、傷ついて倒れた人に向かって、俺の言うことを聞け、といって帰ってくる。

 

そんなことをしたら、帰ってくるあいだ、背後でなにが起こっているか気が気でないと思います。

 

それで得られるものって、あるのでしょうか。

 

戦争をどうしても始めてしまうときの理由が「平和」とか「安全」の追求であるなら、戦争を始める前から終わった後まで、ずっと脅かされているものも「平和」であり「安全」であることから、目的と手段がズレまくっています。

 

多くの場合、戦争をすることによって「平和」や「安全」がより不安定化するのではないでしょうか。

 

終戦記念日に、そんなことを考えていました。

 

「戦争反対」とは

他の国に武器を持って攻め込んで

武器を持たない人を殺すことに反対

ということ

 

私たちの生活に強く影響を及ぼすような戦争が行われている中で、今年の終戦記念日を迎えました。

他国に武力を持って侵入して、武器を持たない人を殺すということを正当化するような理屈はありません。

戦争であれば許されるということは決してないと思います。

早く戦闘行為が終わることを祈ります。

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村