安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

西村寿行 「碧い鯱」 1980年代初頭に炭酸ガス濃度上昇への警鐘を鳴らした ハードアクション巨編

こんにちは、暖淡堂です。

 

今年の夏は、昔から好きだった作家の本を読み返していました。

その中の、西村寿行さんの本を紹介します。

 

鯱シリーズの四作目「あおい鯱」です。

鯱のシリーズのメインキャラクターは仙石文蔵、天星清八、関根十郎、十樹吾一の四人。

 

それぞれに超人的な能力を持っているのですが、また軽妙な生き方もできます。

仙石文蔵と十樹吾一の掛け合いは、笑えます。

 

ストーリーの中心は、環境破壊。

アマゾンなどの熱帯林の伐採で炭酸ガス吸収量が減り、酸素濃度の低下、気温の上昇などが起こっている。

それを少しでも抑制しようと行動を起こした科学者が、KGB(1980年代ですので)とCIAの謀略戦に巻き込まれてしまいます。

 

それを救いに立ち上がったのが仙石文蔵らの四人。

さまざまな戦いを勝ち抜きます。

 

荒唐無稽と言われてしまう部分も確かにありますが、読後感は爽快です。

昭和のおじさんだからかな?

 

西村寿行さん、もう亡くなっています。

著作権上の問題でしょうか、書店では入手が難しくなっています。

 

以下は、主に電子版になります。

もやもやした気分を晴らしたい時などにお勧めです。

 

by カエレバ

 

西村寿行 「碧い鯱」

1980年代初頭に炭酸ガス濃度上昇への警鐘を鳴らした

ハードアクション巨編

 

西村寿行さん、好き嫌いがはっきり分かれてしまう作家さんですね。

僕は大好きです。

西村寿行さんが生きているうちは、ほとんどの作品を読んだと思います。

当時は普通に、小さな町の個人書店でも数冊は置いてありました。

人気作家でした。

 

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村