還暦記:暖淡堂

還暦前後の日々の記録を中心に

空間を切り分けるものとは何か

こんにちは、暖淡堂です。

 

Takachiko!Takachiko!暖淡堂の方で、現代詩を続けて公開しています。

 

dantandho21.blogspot.com

 

理系の言葉で書いてみます。ご容赦を。

 

ものの表面というのはどのようなところでしょうか。

例えば石の表面。

 

指で触れてみて、石の表面の感覚があると、ああ、そこに石があるな、と思いますね。

これは、石の表面が指の表面を押し返すから。

 

表面に土が薄くついていると、その土は指先についてきたりしますね。

これは土と指の表面が引き合っているから。

 

押し返すのは、例えば原子レベルで考えると、原子と原子がそれ以上近づけない距離があるからですね。無理に近づけると、反発する。たくさんの原子が反発するので、それ以上近づけない。その反発が、ああ、石があるな、という感じになります。硬いな、というのもそうですね。

 

指先に土がついてくるのは、原子と原子が近づくと、そこに弱く引き合う力が生まれるから。横に動かすと元の位置に向けて引っ張られてしまいます。表面の形によっては、その引き合う力に場所によって強弱があったりします。

 

引っ張られる時には、ごく表面にある原子は、そのいくつかが相手側と入れ替わっているかもしれません。擦れて、減ったりするのは、原子レベルではこんなことが起こっているから。

 

こんな感じで、表面では、原子が反発したり、引き合ったり、置き換わったりしています。そのくらい、表面はザワザワとしているのです。

 

そのザワザワを、僕は時々意識しながら詩を書いています。

 

dantandho21.blogspot.com

 

空間を切り分けるものとは何か

 

自作に関するコメントを書いていると、いつも脱線する感じですね

すみません。

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

 

 

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村