還暦記:暖淡堂

還暦前後の日々の記録を中心に

「Absolute Ego Dance」 YMO 実現されなかった未来も「未来的」なものである


www.youtube.com

 

こんにちは、暖淡堂です。

 

僕が少年(?)の頃、未来ってどうなるんだろう、って考えることが多かったです。

自分が20歳になったら、働き始めたら、結婚して子供ができたら、老人になったら。

あるいはどんな世の中になった頃に自分は死ぬのかな、なんて。

 

「未来的」なものを、よく考えていました。

思えば、当時は「未来的」なもののイメージが、世の中でもよく紹介されていた気がします。

ウルトラマンの時代設定が20世紀の後半。

光線銃を使っていたり、カッコいい戦闘機が飛んでいたり。

怪獣が来るのは困りますが。

そんな時代になるのかな、なんて考えていました。

で、設定されていた時代は、もう過ぎてしまいました。

 

特撮の映画などでは、未来からきた人が銀色の、身体にピッタリフィットした服を着ていたりしましたね。

あれを見て、ヤバい、と思ったものです。

まあ、色々な意味で。

でも、なんだかそんな格好をして出歩く人は、幸いなことに増えそうな気がしません。

 

で、気がつけば、あまり「未来的」なものが語られない時代になってしまった気もします。

新しい流行や技術の発展などはあるのでしょうけど、「未来的」なものへの関心が薄れてしまっているのかもしれませんね。

 

それって、実はとても大きな問題かもしれません。

 

 

 

「Absolute Ego Dance」 YMO

実現されなかった未来も「未来的」なものである

 

「未来的」なものって、結構夢があった気がします。

今は、「21世紀の終わり」というと、かなり悲惨なイメージを思い起こしてしまいがち。

これではいけない気がします。

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村