還暦記:暖淡堂

還暦前後の日々の記録を中心に

水山蹇 六十四卦 易経の卦辞と新井白蛾「易学小筌」

六十四卦のうちかん卦を上に置くものを紹介します。

今回は「水山けん」です。

卦の形は上卦が坎(水)、下卦が艮(山)。

 

坎は危難。

艮は止まる。

危険なものを察知して足を止めるというイメージです。

 

坎(水)

坎(水)

艮(山)

艮(山)

 

先に紹介した六十四卦表をご参照ください。

 

dantandho.hatenadiary.com

 

易経にある水山蹇の卦辞は以下のように書かれています。

 

坎/艮

水山蹇

蹇。利西南。不利東北。利見大人。貞吉。

蹇は、西南に利あり、東北に利あらず。大人を見るに利あり。貞しくして吉。

 

蹇は跛、あしなえなど、足が不自由であることを意味します。

そこから進みにくい、困難な、などの意味もでてきます。

危難(坎)の手前で立ち止まる(艮)の卦の形からも読み取ることができますね。

西南の方向には良いことがあり、東北には良いことはありません。

艮は東北を意味します。その前に川(坎)があるようなイメージでしょうか。

立ち止まらなくてはいけないとき、大人の協力を得られれば困難は乗り越えられます。

また、正しい心で取り組めば吉。

目の前に困難があるからといって、諦める必要はありません。

力のある人に助けられて、正しい姿勢でのぞめば、願いは叶います。

 

この卦に対して、新井白蛾はどのようにいっているでしょうか。

 

水山蹇

 「門前に陥(あな)がある」の象
 「寒蝉に風悲し」の意

 

この卦は、龍が珠を失う意味であり、

宝散り財貧しくなり辛苦して、

難甚だしいという卦である。

住むところに苦労あり、

物事窮屈となる意味がある。

また険をみて止まるという卦であるので、

大凶とはならない、

人に従って吉。

旅行の計画があるだろう、

これも人について行くのがよい。

病人は病が重くなる、

あるいは腰から下に病がある。

妊娠お産に不安あり。

婚姻ならず。

待ち人は来ない。

願望は調いにくいが、

後には叶う。

心細いという意味もある

 

易学小筌から

 

 

目の前に穴がある、しかしその前で立ち止まるので大凶ではない。

信じられる人がいれば、その人にしたがえば吉。

無理に自力で困難を切り抜けようとすると、障害があるかもしれません。

それでも、正しい心を守り抜くと願いはやがて叶います。

足から下の病に注意。

捻挫とか骨折に注意しましょう。

易学小筌の言葉はそうなっていますね。

 

dantandho.hatenadiary.com

 

dantandho.hatenadiary.com

 

水山蹇 六十四卦 易経の卦辞と新井白蛾「易学小筌」

 

 

 

願いは、簡単には叶いません。

しかし、苦労の先に願いが叶ったら、喜びはより大きなものになるでしょう。

またお立ち寄りください。

引き続き、どうぞご贔屓に。

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
  にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村