安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

臨済録 原文全文 活き活きとした禅の言葉の奔流

中国の唐の時代の禅宗のお坊さん臨済の言行を記録した「臨済録」。

その原文の全文を整理して、以下のサイトに置きました。

ネット上で全文を読みやすく公開しているところがなかったので、作ってみました。

GoogleBloggerにはpageという機能があります。それをデータベース風に使ってみました。)

 

臨済が修行し、また後進の学僧たちを指導した時代は唐の時代の末期。

唐は玄宗皇帝の時代に起こった安史の乱の後、国内を力のある軍閥が分有しているような状態でした。

山東省で生まれた臨済は、その修行を、河北省を中心に行いました。

有力な軍閥の帰依を受け、修行のための寺院などもその地に得ています。

 

臨済録原文は宋が金の圧迫を受けていた頃(1120年頃)に円覚宗演がまとめたものと伝えられているものを用いました。

臨済録は、唐から宋、明にかけて読み継がれて来ました。

その文章は、当時の口語文に近いとのこと。

いわゆる我々が学校で漢文として習うものとはちょっと違いますね。

この当時の禅宗のお坊さんたちのやり取りが、臨場感あふれる形で記録されています。

 

どうぞ、以下のリンクからご覧ください。

(欠けていた部分を、岩波文庫臨済録」入矢義高訳注を参考に補完しました)

 

sanboku.blogspot.com

sanboku.blogspot.com

sanboku.blogspot.com

 

現在、原文を少しずつ現代語訳しています。

そちらも、ゆっくりと紹介していきたいと思います。

最後は電子書籍にする予定ですが、さて、いつのことになるやら。

 

臨済録 原文全文

活き活きとした禅の言葉の奔流

 

臨済録もゆっくりと進めていきたいと思います。

また立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

 

以下は名著です。暖淡堂の愛読書ですね。

本ブログと併せて、ぜひご一読を。

 

 

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
  にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村