安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

「陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに」 河原左大臣こと源融 光源氏のモデルの一人

第14番目の歌の作者は河原左大臣こと源融

嵯峨天皇の皇子の一人ですが、臣籍に下り源姓を名乗りました。

恋多き人だったようで、光源氏のモデルの一人とも言われています。

 

今回は河原左大臣こと源融を紹介します。

 

河原左大臣とは

嵯峨天皇の第十二皇子で、臣籍に降った嵯峨源氏の初代になります。左大臣などを歴任し、死後は正一位の位を贈られています。

河原左大臣と呼ばれているゆえんは、陸奥塩釜の風景を模した、贅を尽くした六条河原院を造営したため。塩釜を再現するために実際の海水を運ばせていたとのことです。

また在原業平と同じく、光源氏のモデルと考えられています。在原業平も臣籍に降って在原姓を名乗っていますが、こちらは人生の後半は失意の日々を送っていたようです。

時代背景

前回の陽成院の時にも書きましたが、時代は藤原氏の権力が強まっていた頃。藤原基経が権勢の中心にいて、天皇であっても物事を決めることが難しい状況でした。皇嗣をめぐって争いが起こった時には、源融は上表を出して自宅に引きこもったりしました。

藤原基経が亡くなった後、太政官の首班に立ちましたが、その後数年で源融もまた亡くなりました。

天皇の皇子が臣籍に降ることで源氏と平氏が生まれています。時々清和源氏桓武平氏のような呼ばれ方がしますが、それは清和天皇の皇子、桓武天皇の皇子から始まった家系であるという意味ですね。

 

百人一首の歌

歌:陸奥のしのぶもぢずり誰ゆゑに乱れそめにし我ならなくに

歌の意味:陸奥のしのぶ摺の染模様のように心は乱れている、これは私ではなくあなたのせいだ。

 

河原左大臣こと源融 光源氏のモデルの一人

 

伊勢物語の中にこの歌を踏まえた歌があります。

 

春日野の若紫のすり衣しのぶの乱れ限り知られず

 

もの歌もしのぶもぢ摺の模様で、心の乱れを表現しています。

以下の記事ではしのぶもぢ摺の再現の様子が紹介されています。

 

bqspot.com

 

古典の一つ、百人一首を、歌人に注目して紹介していきます。

引き続きどうぞご贔屓に。

 

by カエレバ

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
  にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村