安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

高齢者用の配慮が必要だと思ったもの二つ

こんにちは、暖淡堂です。

自分もやがて高齢者。

今後の暮らしを考えると、バリアフリーの住まいがいいですね。

体力が落ちてくるので、思いがけない事故が起こったりします。

最悪の場合、転倒し骨折して、寝たきりになってしまったりとか。

最近、高齢者用の配慮があった方がいいなと感じたものが二つあります。

今回はそれについて書いてみたいと思います。

 

玄関の段差

玄関の靴を脱ぐところの段差で、先日足を引っ掛けて足の親指を強く打ってしまいました。しばらく痛みが消えませんでした。

普段よりもたくさん歩いて、足が疲れていたのでしょう。

足が、自分が思っているよりも上がっていなかったのでしょう。

もし、自分がもっと高齢で、この時転倒してしまったら、と考えました。この玄関にある段差、必要でしょうか。

自分が今後の住まいを考えるときには、玄関の段差が低いか、段差のないものにしたいと思います。

 

スリッパ

階段を上ったり下りたりするときに、足からずれたり、脱げてしまったりします。

それで、階段を踏み外しそうになったり。

危ないです。

スリッパって、今の家だと足元が寒いので必要です。

高齢になったら、スリッパを使わないか、スリッパのいらない家にするといいのかなと思います。

暖かい家ってことかもしれません。

 

 

高齢者用の配慮が必要だと思ったもの二つ

 

だんだんと、身体が動かなくなってきています。

体力維持も必要ですが、現状を正しく認識することはもっと大切。

自分を正しく認識しているということが、成熟ということだと思います。

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村