安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

【読書記録】ニコラス・スパークス Three weeks with my brother - a memoir 自分の過去を振り返りながら

ニコラス・スパークス(Nicholas SPARKS)の作品です。

この本だけ、兄のマイカ(Micah)との共著の形になっています。

 

出版は2004年。

探したのですが、邦訳がまだないようです。

 

この本は、娘がまだ小さかった頃に買いました。

自分も仕事の内容が変わり、出張が続いたりして心身に疲れがたまっていた時期でした。

はじめに読んだときに感動して、その後、何度もくりかえし読みました。

 

英語ですが、ニコラス・スパークスの文章は読みやすく、時々辞書を引きながら楽しみながら読み進められます。

 

久し振りに少しずつ読み始めました。

この本を読むと、いろいろなことを考えたり、これまでにあったことをたくさん思いだします。

 

そんなことを、書いてみようと思います。

 

子供が生まれたときに思ったこと

結婚したときもそうですが、一緒に暮らしていく仲間が増えたと思いました。何よりも責任を意識しました。仕事で成果を出そうとしていたのもその頃です。成果が出せるのであれば、会社を変わってもいいとも考えたりしていました。

 

仕事で自分を追い込んでいた

成果を出したいと、いつも意識していたせいか、周囲の人に対しても、自分自身に対しても、強く要求するようになっていました。それで、職場の中でうまくいかず、自分もなんとなく体調のすぐれない時期が続いていました。メンタルも不調だったような気がします。

 

いつも一緒にいてくれる家族のありがたさ

そんなときに、この本に出会いました。様々な困難と向き合って暮らしてきた家族の姿が描かれています。読みながら、自分自身のこれまでと、これからを思いました。そして、一緒にいてくれる家族のありがたさを感じました。

 

いつまで一緒にいられるかな。

最近はそんなことを考えていることがあります。

 

【Three weeks with my brother - a memoir】

ニコラス・スパークス 

邦訳がまだない作品 過去を振り返りながら

 

またお立ち寄りください。

どうぞご贔屓に。

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村