安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

心揺れる季節の不安定感 相沢沙呼 「ロートケプシェン、こっちにおいで」

相沢沙呼さんの作品を続けて読んでしまった。このやり方では、「い」の作家に進むのがどんどん遅れてしまう。それでも、読んでしまった。

 

主人公の高校生、須川が自分の思いを告げてからも、酉乃初との関係は進展しない。冬休み、バレンタイン、演劇部の送別会。それぞれで事件が起こり、須川と酉乃は協力して解決するが、関係は遅々として深まらない。

 

それが気になって、つい読んでしまった。

 

これから読む人にネタバレしてしまうと申し訳ないので、ストーリーについてはほとんど書きません。

ただ、この本をミステリーとして読むのであれば、冒頭からの、なんとなく感じ続ける不安定感が、全編を通じた謎のヒントになっています。

 

ミステリーとしてではなく、出来事をそのまま追うような読み方でも、しっかりと楽しめます。

 

還暦前後の方々にもお勧めです。

こんな青春もあり得たのかな、なんて思いながら読書の時間をお過ごしください。

 

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho

心揺れる季節の不安定感

相沢沙呼 「ロートケプシェン、こっちにおいで」

 

dantandho.hatenadiary.com

 

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

PVアクセスランキング にほんブログ村
PVアクセスランキング にほんブログ村