安心感の研究 by 暖淡堂

穏やかな暮らしのために

【易】力むだけじゃダメ 巽 新井白蛾「易学小筌」

こんにちは、暖淡堂です。

 

八卦の説明を続けています。

今回はそん。二本の陽爻の下に陰爻が一本。

これは風のイメージです。あるいは竹や木。

 

風には決まった形がなく、それゆえにどのような所へも入りこんだり、どんな遠くへも行くことができます。

 

考えや意見が人々の間に広まったりするイメージもあります。

力んで自分の言うことを聞かせようとしたり、大きな声で振り向かせるよりも、柔らかく伝わる言葉の方が説得力があったりしますねよね。

 

新井白蛾の説明を読んでみましょう。

 

 

巽 新井白蛾「易学小筌」

f:id:dantandho:20211108202452j:plain

巽(そん) 風 五 相遇相離の意

巽は入である、一陰が二陽の下に入っている。


鶏〔身を伏して声を天気重陽の外に出すという意味〕、山林中の禽虫、鸛(かん)〔これは鶴に似た鳥で雨が降り出しそうなときに啼く。初陰に感ずることを意味する〕、蛇、羽毛


香臭物、工功(たくみなる)の器〔すべて細工あるもの〕


竹木、長いもの、真っ直ぐなもの、高いもの〔以上は風の性は長く直であり、木の性は上り昇るところからの意味である〕


草木、花園、茂秀のところ、楊柳〔上のほうが茂るという意味〕


扇(おうぎ)、團(うちわ)、鏡、袋


長女、秀士、僧尼、智ある人、髪の少ない人、額の広い人〔髪は陰血に属す、この卦は陽が上に盛んであるので髪の少ないことと解釈する〕


進み退いて結果なし、皆定まらないという意味


肱(ひじ)、股(もも)、氣


病は中風、積(しゃく)、痞(つかえ)、風邪


食物は山林の味、蔬菓、酸っぱい味のもの


利欲の意味とする


色は青、緑、または潔白

 

簡単な卦の立て方は以下をご参照ください。

ameblo.jp

最後までお読みいただきありがとうございます。

ご質問がありましたら「お問い合わせフォーム」をご利用ください。

ご自身で占われる際の手順などもっと知りたくなりましたらご遠慮なくお問い合わせください。

引き続きどうぞご贔屓に。

 

 

f:id:dantandho:20210924172547j:plain

dantandho
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へ
  にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村