還暦記:暖淡堂

還暦前後の日々の記録

風邪とはどうつきあえばいい?

にほんブログ村 その他生活ブログ 生活の知恵へ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

こんにちは 暖淡堂です

 

気温が急に下がったりすると 鼻風邪をひいたりしますね

 

熱は出なくても なんとなく身体が怠かったり

 

とくに今はコロナが流行っているので 身体の調子には普段以上に気を遣います

 

少しまえに読んだ本で とても参考になったものがあります

野口晴哉のぐちはるちかさんの

「風邪の効用」という本です

 

by カエレバ

 

その中に 

 

「風邪は病気というよりも 風邪自体が治療行為ではなかろうか」

 

と書かれた文章がありました

 

この時季 とても参考になりますので

簡単に以下にまとめてみたいと思います

 

風邪自体が治療行為

 

野口晴哉さんは整体師なので 身体のこわばりに注目しています

 

人が風邪をひくときは 身体のどこかの部分がこわばっています

 

野口さんの観察では このこわばりが

風邪をひくことによって 解消され 

 

こわばっていた部分の

弾力が回復していました

 

「それで私は 風邪は病気というよりも

風邪自体が治療行為ではなかろうかと 考えている」

 

と 野口さんは書きます

 

私たちは 風邪をひいたときに

この 身体のこわばりが 風邪によって解消されるのを待たずに

 

対症療法で症状を弱めてしまうことばかりを考えてしまうので

こわばりが身体にいつまでも残り

 

それを治すために

また 風邪をひくようです

 

対症療法で 症状を緩和させ すぐにもとの生活に戻ってしまうと

風邪をひいた原因自体はそのままに放置され

 

何度も 風邪をひくということを 繰り返してしまいます

 

風邪をひいたときは その風邪をしっかりと最後まで経過させ

治った後は 風邪の原因となった 

 

身体のかたより こわばり などを

ためないようにしないといけません

 

つまり 風邪の後は 

風邪をひく前とは ちがう暮らし方をしなければならないのです

 

風邪は 自分の生活や 心の乱れを 正常に戻していく

よい機会なのだと 暖淡堂は知ったわけです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心のやすらぎへ
にほんブログ村ランキングに参加しています

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

PVアクセスランキング にほんブログ村