還暦記:暖淡堂

還暦前後の日々の記録を中心に

2023-03-01から1ヶ月間の記事一覧

タイ出向の準備時期 2010年1月 家族を残し、先に一人でタイへ 【微笑みの国の記憶:タイ駐在備忘録】

2009年の年末に、タイに出向するためのビザの手続きをしていました。スケジュール的に年末ギリギリになっていましたが、12月29日にタイの大使館に行ってビザの申請をしています。で、その翌日にビザを受け取りました。申請の時は、家族3人で出かけて、目黒駅…

臨済は1000年以上前のジェリー・ミンチントン 自尊心に不安が生じたら「臨済録」も読んでみるといい

この記事は暖淡堂の別のブログ「散木の小屋」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(".*entry.*"); …

【易暮らし】地風升 地中に生じた木を大切に育てるとき 素直に、しなやかに伸びていきたい

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

【安心感の研究】猫は一度目の一度切りを生きている(まとめ) 眠れない夜のために

猫のように生きてみたいなとふと思い、書いてみました。 不思議と最近は、あまり腹を立てることもなく、夜もよく眠れるようになっています。 面倒くさいことについて、一度しつこく考えてみると、ゆっくりとですが、そのことから解放されていくのかもしれま…

【易暮らし】水風井 得るものもなく失うものもない 冷たい水が湧き出す井戸のように

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

「八重葎茂れる宿のさびしきに」 恵慶法師 失われた王朝をいとおしむ

百人一首第47番目の歌の作者は恵慶えぎょう法師です。 この人も三十六歌仙の一人です。 今回は恵慶法師について紹介します。 恵慶法師とは 生没年不詳。平安中期の人です。 清和天皇のひ孫にあたり、清和源氏につらなる一人でもあります。 地方官を歴任しま…

【易暮らし】沢水困 苦しいことがあっても笑顔で過ごす いつかはよいことがあるさ

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

地山謙 六十四卦 易経の卦辞と新井白蛾「易学小筌」

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

【易暮らし】火沢睽 日は上り川は流れるが 世は常と変わらず 分を守って穏やかに暮らすのが一番

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

有隣堂と蔦屋 ゆるやかな共同戦線 パイの奪い合いではなく市場拡大を目指すべき局面で

こんにちは、暖淡堂です。 本屋さんが好きなのですが、なんだかじわりと減ってきていますよね。 お気に入りだった本屋さんがなくなると、本当に寂しいです。 関東に住むことになって、よく利用するようになったのが有隣堂と蔦屋。 感じとしては、少しずつ存…

【易暮らし】火地晋 自分にとって、輝いて見えるものはなにか なにを追うべきか

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

これはもう奇跡の歌声 VOCAPANDAさん 「北斗の拳」OPカバー

こんにちは、暖淡堂です。 またVOCAPANDAさんの動画を紹介します。 今回は、あの「北斗の拳」のテーマ曲。 クリスタルキングの名曲ですね。 もともとは男性二人のボーカルのロックバンドです。 特に吉崎さんの太い低音と田中さんのハイトーンとの組み合わせ…

タイ出向の準備時期 2009年10月 台風通過後、ジブリの森へ 【微笑みの国の記憶:タイ駐在備忘録】

タイへの出向準備を少しずつ進めていた2009年10月。叔父葬儀の後、しばらく疲れが抜けなかったようです。 10月の初め頃の天候は雨が降ったり止んだり。肌寒い日が続いていたようですね。そして8日前後に、関東地方を台風が通過しました。7日から8日にかけて…

曽野綾子 「老いの才覚」 心の帳尻合わせ

先日、久しぶりに松本清張の「点と線」を読みました。 その中で、30代後半を「中年」、50代を「老年」と書かれているのを読んで、少し前まではこんな感じだったのだなということを改めて思いました。 確かに自分が子供の頃は30代の叔父たちは皆中年に見えて…

小樽と横浜 どちらも愛すべき港町

小雨の朝です。小樽の朝です。 pic.twitter.com/o9HtHm2Sm3— 暖淡堂 (@dantandho) 2023年3月9日 小樽と横浜は規模感が違いますね〜横浜も時々は足を運ぼうと思います〜 pic.twitter.com/tJ4QfhBcRT— 暖淡堂 (@dantandho) 2023年3月21日 こんにちは、暖淡堂で…

【現代詩】「街」 掘り返され続ける都市のイメージ 現代詩の試み

街 空間を切り分ける硝子の目盛りが震え 濁りのない雨が凝り落ち (…膨張し… 「底」からの微かな音に揺れる 臆病な「私」達を温かく濡らし窒息させる …宙を走る文字はどこでも構わない… …「今」を「物」にして… …それがいくらになるかと… …誰のものにもなれ…

「由良の門を渡る船人梶を絶え」 曽禰好忠 心情に具体的な風景を与える

百人一首第46番目の歌の作者は曽禰好忠そねのよしただです。 三十六歌仙の一人です。 今回は曽禰好忠について紹介します。 曽禰好忠とは 生没年は詳しくはわかりませんが、平安中期の人でした。 官位は六位、丹後掾を勤めました。 和歌の才能はありながらも…

地水師 六十四卦 易経の卦辞と新井白蛾「易学小筌」

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

VOCAPANDAさん歌唱「あなただけ見つめてる」 SLAM DUNK ED 声のせいか、曲のせいか、涙が出てくる

こんにちは、暖淡堂です。 SLAM DUNK、面白いみたいですね。 娘がハマっているので、気になっています。 それはそれとして(おくのか?)、またVOCAPANDAさんの動画を紹介します。 初期のアニメシリーズのエンディングテーマです。 (おじさんには、このくら…

小樽中央市場の近くの古くなった建物にたくさんの鳩が住んでいるようでした

こんにちは、暖淡堂です。 2023年3月9日から12日まで、北海道に帰省していました。 短い期間に砂川と小樽でそれぞれ用事があって、とても忙しい帰省でした。 で、小樽での用事の合間に、家族で市内を散策しました。 妻はもともと小樽の人なので、観光客のす…

現代の製本 「有隣堂しか知らない世界」より やはり紙の本が好きです

こんにちは、暖淡堂です。 僕が好きでよく観ている「有隣堂しか知らない世界」。 神奈川県内に拠点がある書店です。 YouTube配信が好調です。 書籍も販売してしまいました。 で、その172回配信が「【凄まじい速さ】製本の世界」。 現代の製本工場の内部に潜…

黒川伊保子 「定年夫婦のトリセツ」 生存可能性の高い夫婦の姿

このタイトルの本を手に取らない理由はありません。 まさに定年を数年以内に迎える身として、知っておくべきことはたくさんあります。 それをどのように身につけていくのか。正直戸惑っています。 そこに、この本。 砂の上にこぼした水滴のように、どのペー…

【易暮らし】雷風恆 久々に寝込んでしまいました 今日は部署の新体制の説明会

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

【安心感の研究】猫は一度目の一度切りを生きている(7) 猫は言葉を使わない。

言葉を使うことによって、人は他の動物とちがう「困難さ」を背負うようになっていると思います。 そろそろ自由になってみたいもの。 スイッチを切るように、言葉を黙らせることができれば、ずいぶんと楽に生きられるのかもしれませんね。 猫は、言葉を使わな…

柔らかなものがすべてを支える 坤 新井白蛾「易学小筌」

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

上り詰めて止まる 艮 新井白蛾「易学小筌」

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

【易暮らし】沢水困 辛いのににこやかにしていて吉 そんな時ってありますね

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

地風升 六十四卦 易経の卦辞と新井白蛾「易学小筌」

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

水に注意! 坎 新井白蛾「易学小筌」

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

力むだけじゃダメ 巽 新井白蛾「易学小筌」

この記事は暖淡堂の別のブログ「易の言葉で穏やかに暮らす」に移転しました。約2秒後に新記事へ移動します。移動しない場合はココをクリックしてください。 // 現在のurl var href = window.location.href; // 記事ページのurl正規表現 var re = new RegExp(…

PVアクセスランキング にほんブログ村